Photo Kanon
このブログでは戸越銀座の写真屋フォトカノンの展示情報や商品の入荷情報を中心におしらせします


【フォトカノンのフィルムの日】 毎月第1・3日曜日のフィルムの現像料が半額になります!! 詳細はこちら
【郵送プリントでお得な割引】 郵送プリントで送料と代引手数料が無料になる割引を行っています!! 詳細はこちら

【キャンペーン】 フィルム現像中高生割引  郵送サービスにてCD書き込み無料サービス  フィルムカメラおためしできます
【展示情報】 2018年5月11 日(金)〜 5月23日(水)くりもと かづこ 作品展「きょうなにたべた?」開催中です
【入荷情報】 雑貨  作家アイテム  フィルム  カメラ
【ギャラリー情報】 ギャラリー利用規約はこちら / 今後のスケジュールを知りたい方はこちら / 過去の展示の様子を知りたい方はこちら

【写真の仕上り】 フォトカノンでプリントした写真の仕上がりは フォトブログ から見ることが出来ます


お店のホームページへ / オンラインショップへ / フォトブログへ/ twitterへ


TOPページに戻る
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
ARCHIVES
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
くりもと かづこ 作品展 「きょうなにたべた?」

GWが明けて、しばらく雨で寒い日が続いていましたが
久しぶりに気持ちよく晴れました。

本日よりギャラリーでは新しい展示がスタートです。

くりもと かづこ 作品展
「きょうなにたべた?」
2018.5.11(金)- 23(水) ※木曜定休



昨年も展示をしてくれたくりもとかづこさん。
前回は「はんぺん星人」というキャラクターを主役にした写真と
パステルアートのイラストという構成でしたが・・
今回もはんぺん星人は健在!


今回ははんぺん星人の「おいしいものあつめ」の記録、ということで
いろんなカフェのスイーツや、いろんなお店で買ったお菓子を
おいしそうにほうばる姿が並んでいます。


それぞれ、どこのお店の何のお菓子かというのが書かれているので
お近くの店や、食べたいスイーツが見つかれば
実際に行ってみることもできますね。


写真展示の他に、ハンドメイドの小物も販売しています。
どれもかわいらしいキャラクターたち。


今回展示しきれなかった写真を収めたブックや
前回の展示のブックもございますので、こちらも合わせてご覧ください。


はんぺん星人も在廊中ー。

Staff オクイ

渡邉茂樹写真展 「戸越界隈の一人一冊 with MOP!」

ゴールデンウィーク直前!
連休がとれる方は、しっかり予定を立てられましたでしょうか。
たくさん写真を撮って、プリントしに来てくださいね。

さて、本日からギャラリーでは新しい展示が始まりました。

渡邉茂樹写真展
「戸越界隈の一人一冊 with MOP!」
2018.4.27(金)- 5.9(水) 会期中無休

※通常木曜は定休日ですが 5/3(木・祝)は営業します


2014年に写真展「戸越銀座の一人一冊。」を開催してくれた渡邉茂樹さん。
今回も戸越界隈を取り上げた写真展です。


写真展のタイトルにある「MOP!」とは、戸越銀座の雑貨店 “瀬尾商店”さんが
企画・制作した「戸越銀座周辺がもっと楽しくなるマップ」のことで、
戸越銀座周辺のお店などで無料配布されています。
メジャーどころからちょっと個性的なスポットまで
戸越銀座商店街とその周辺のお店がたくさん紹介されていて、
地元の人にも、観光に来た方にも、とても役立つマップです。


今回は、その「MOP!」に掲載されているお店の店主さんたちを
お気に入りの本とともに撮影した写真展。
毎日戸越で働いていても、意外と知らない店がたくさんあります。
店主さんの笑顔やコメントを見ていると、身近に感じられて
お店にも行ってみたくなりますね。


会期中は、前回の展示「戸越銀座の一人一冊。」の写真集も販売。


「MOP!」と今回の展示のフォトブックは無料配布中!

ご近所の方にも、そうでない方にもぜひご覧いただきたい展示です。
GWにまだ予定がないという方は「MOP!」片手に
ぜひ戸越銀座を散策してみてください。

Staff オクイ

小野寺宏友 個展 「東京 野良桜 〜あなたの桜の物語〜」
4月に入って新生活、という方も多いでしょうか。
街で新社会人らしいグループなどを見かけたりすると
こちらもなんだか新鮮な気持ちになります。

さて、本日よりギャラリーでは新しい展示が始まりました。


小野寺宏友 個展
「東京 野良桜 〜あなたの桜の物語〜」
2018.4.13(金)- 25(水) ※木曜定休


フォトグラファー小野寺宏友さんによる桜の写真展。
と言っても、展示されているのは観光名所となるような桜ではなく、
街中にひっそり咲く桜「野良桜」と名付けて撮り続けてきた桜写真です。

日本人は本当に桜が好きなようで、桜の季節になると
名所ならずとも、あちこちに桜が植えられているのに気付きます。
昼間の賑やかなお花見や、夜のライトアップも桜の楽しみ方の一つですが、
深夜の街中にひっそりと咲く桜をとらえた写真も、新鮮でとても美しいです。

会期中は、写真プリントやZINEの販売もございます。
東京の桜はすっかり散ってしまいましたが
ギャラリーでのお花見をぜひお楽しみくださいね。

Staff オクイ
丸山 秀人 写真展 「Polar night」

東京の桜はすっかりピークを越えて、桜吹雪、葉桜というところ。
開花が早かろうが、みなさんちゃんとお花見されているようで、
桜写真のプリント注文がたくさん入っております。

さて、本日からギャラリーでは新しい展示が始まりました。


丸山 秀人 写真展 「Polar night -極夜-」
2018.3.30(金)- 4.11(水) ※木曜定休


3/28(水)までおこなっていた「White night -白夜-」から作品を入れ替えて
本日からは後半戦、「Polar night -極夜-」の展示となります。


撮影地はフィンランド、北極圏と隣接するロバニエミ。
日中でも薄明か、太陽が沈んだ状態が続く ”極夜”。
一日中太陽が沈まない "白夜" とは逆ですね。

オーロラの写真などももちろん圧巻ですが、
仄暗いような薄明るいような時間帯の空のグラデーションも、
日本の空とはまた違う色合いで美しいです。


会期中は、展示しきれなかった作品を収めたブックと、
前回の展示「White night -白夜-」のブックも置かれています。
前回見逃されたという方も、ブックと合わせてお楽しみいただけますよ。

Staff オクイ

丸山 秀人 写真展 「White night」
季節はずれに暖かい日もあり、今年は早く桜が咲くようですね。
花見はまだしばらく先かと思っていたのですが、そろそろ準備しなくては。

さて、本日からギャラリーでは新しい展示が始まりました。

丸山 秀人 写真展 「White night」
2018.3.16(金)- 3.28(水) ※木曜定休

※3.30(金)- 4.11(水)は、作品を入れ替えて「Polar night」の展示となります


カメラマンの丸山秀人さんによる写真展。
「White night」「Polar night」と2期にわたって展示予定です。
前半の2週間は 「White night(白夜)」。

撮影地は、アイスランド レイキャビックと車で5時間ほどの氷河、その近郊。
一日中太陽が沈まず夜中でも薄明が続く"白夜"。
現象としては知っていても、その中での生活がどういうものなのか、
"夜は暗い" が常識の日本に住んでいると、なかなか想像がつきませんよね。



会期中は、展示しきれなかった作品を収めたブックも設置されています。
また 3/30(金)- 4/11(水)は、白夜とは逆に
太陽が昇らない"極夜"を撮影した「Polar night」の展示となります。
こちらも合わせてご覧くださいませ。

Staff オクイ
wabi-sabi 写真展 「赤い写真展」

早いもので3月に入りました。
三寒四温ではありますが、少しずつ暖かい日も増えていますね。

さて、本日よりギャラリーでは新しい展示が始まりました。

wabi-sabi 写真展 「赤い写真展」
2018.3.2(金)- 3.14(水) ※木曜定休


以前にも展示をしていただいている、写真好きの4人組 wabi-sabiの皆さん。
毎回テーマを決めて、4人それぞれの解釈で作品を展示されています。
ストレートな展示タイトルのとおり、今回のテーマは「赤」!


写真は全66点。
鮮やかな赤もあれば、くすんだ赤もあり、
一面赤い写真もあれば、ポイントとして印象的な赤も。
被写体もシーンも表現方法も様々なのですが
「赤」で括られているため、全体としてもまとまった印象を受けます。


また、作品にはすべて番号が振られています。
それぞれの写真の撮影者はあえて伏せられていて、
誰がどの写真を撮ったかはわかりません。


気に入った作品に投票できるアンケート用紙が用意されていますので、
展示をご覧になった方は、ぜひ投票していってくださいね。

Staff オクイ

ニシナカリエ 写真展 “Once in a Lifetime Experiences”

風邪やインフルエンザの流行に加えて、花粉の季節にもなってまいりました。
風邪に備えてか花粉に備えてか、マスク姿の人が多いですね。
暖かくなるのは待ち遠しいですが、花粉のせいで喜んでばかりいられないのが少し残念。

さて、ギャラリーでは本日より新しい展示が始まりました。

ニシナカリエ 写真展
“Once in a Lifetime Experiences”
2018.2.16(金)- 2.28(水) ※木曜定休


この時期の写真展が恒例となっているニシナカさん。
今回で5回目を迎えます。

写真はすべてM型ライカで撮られたもの。
ライカの生まれ故郷であるドイツを、ライカとともに旅して撮影したスナップです。
街や人の自然な表情が切り取られた写真は、
ライカの静かなシャッター音と、ニシナカさんの人柄が合わさってこそ撮れるものかもしれません。


会期中は、今回の展示の作品集(右)と、前回の展示の作品集(左)が設置されています。
展示作品はすべてモノクロですが、作品集にはカラーで収められています。
ページをめくるたびに目に飛び込んでくる鮮やかなカラー写真は、モノクロとは違う迫力があります。
ぜひ見比べてみてくださいね。


また、モノクロの手焼きプリントが収められたブックもございます。
こちらもまた一味違った魅力が。
ぜひご覧くださいませ。

Staff オクイ
 

im「ふくろうのゆめ」展

2月に入りました。
春が近づいてはいますが、この時期が一番寒いんですよね。
先日のように積もることはありませんでしたが、また少し雪が降りました。

さて、ギャラリーでは新しい展示が始まりました。

im(あいむ)「ふくろうのゆめ」展
2018.2.2(金)- 2.14(水) ※木曜定休


「ふくろう」 と聞いて、みなさんはどんなイメージを思い浮かべますか?
「かわいい」 「かっこいい」 「ミステリアス」 「知的」
彼らを眺めていて思い浮かんで来る
さまざまな形容のことばたち、
それは、見る人の心の奥に”足りないもの”を
その大きな瞳が呼び起こしているからではないか、と思うことがあります。
(展示キャプションより抜粋)


im(あいむ)さんによる、ふくろうなどを描いた絵画展です。

たしかに​ふくろうは色々なことを連想させる動物ですが、そのイメージは幅広く、
かわいいと感じる部分もあれば、それとは対照的にとらえどころのない怖さを感じたりもします。
それぞれ受け取るイメージは、見る人の内面を多少なりとも反映させているのかもしれませんね。

しずかな冬の夜などに、想像をふくらませながら見ていただきたいような展示てす。
ぜひ足をお運びくださいませ。

Staff オクイ

シマムラヒカリ 写真展 「シータな日々」

小春日和から一転、また寒波が来るそうで
週明けには雪が降るかも、とのこと。
寒さというより、気温差で体がおかしくなりそうです・・
体調管理、気をつけてまいりましょう。

さて、本日よりギャラリーでは新しい展示が始まりました。

シマムラヒカリ 写真展
「シータな日々」
2018.1.19(金)- 1.31(水)
※木曜定休


これまでにもフォトカノンでの展示や、作品販売でお世話になっている
陶芸作家のシマムラヒカリさん。
いつもは陶器作品の展示や販売でしたが、今回は写真展!
シマムラさんの愛猫シータの写真展です。

シータは残念ながら亡くなってしまって、今はもういません。
生前から私も写真を見せてもらったり話を聞いたりしていて、
会ったことはないのですが、大好きな猫でした。
展示を見ているとまだそこにいるような気がして不思議。


まるい顔ややわらかい毛並みのネコらしいかわいさと、
目つきや仕草の人間くささのギャップがなんとも魅力的なシータ。
展示写真からはシマムラさんのあたたかい目線と、
シータとの関係性も伝わってきます。


会期中は今回の展示のために作られた写真集の販売などもおこなっております。
展示作品以外の写真も収められていますので、こちらもぜひご覧くださいね。

Staff オクイ

八木 香保里 写真展 「空と線路と青いひと」

信じられないのですが、今日から12月だそうです。
気候も冬らしくなってきましたし、年末を感じて気ぜわしくなってもきました。
年賀状の注文に来られる方も増えてきました。
《フォトカノン・オリジナル年賀状》 も絶賛受付中ですので、ぜひご贔屓に。

さて、本日からギャラリーでは新しい展示が始まりました。

八木 香保里 写真展 「空と線路と青いひと」
2017.12.1(金)- 12.13(水) ※木曜定休


毎年この時期、ほぼ恒例のように展示をしてくれている八木さん。
今回展示されているのは、富山の電車や駅や線路、
またそれを取り巻く人や空や風景の写真たちです。

鉄道好きにもいろんな形がある中で、プラットフォームが好きだという八木さん。
電車や駅の写真であっても、そこに写り込む人や、周囲の風景、光などがとても印象的。
鉄道好きの方にももちろん楽しんでいただけると思いますが
駅や電車を取り巻く人々や町の空気感が感じられる写真展です。


会期中は、今回の展示のブックも置かれています。
訳あって展示には使えなかったという写真も収められたりしていますので
ぜひご覧になってみてくださいね。

Staff オクイ

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.