Photo Kanon
このブログでは戸越銀座の写真屋フォトカノンの展示情報や商品の入荷情報を中心におしらせします


【フォトカノンのフィルムの日】 毎月第1・3日曜日のフィルムの現像料が半額になります!! 詳細はこちら
【郵送プリントでお得な割引】 郵送プリントで送料と代引手数料が無料になる割引を行っています!! 詳細はこちら

【キャンペーン】 フィルム現像中高生割引  郵送サービスにてCD書き込み無料サービス  フィルムカメラおためしできます
【展示情報】 2019年5月24日(金)〜 6月5日(水) せた まゆみ 写真展「Because the sunny place is there.」 開催中です
【入荷情報】 雑貨  作家アイテム  フィルム  カメラ
【ギャラリー情報】 ギャラリー利用規約はこちら / 今後のスケジュールを知りたい方はこちら / 過去の展示の様子を知りたい方はこちら

【写真の仕上り】 フォトカノンでプリントした写真の仕上がりは フォトブログ から見ることが出来ます


お店のホームページへ / オンラインショップへ / フォトブログへ/ twitterへ


TOPページに戻る
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
ARCHIVES
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
せた まゆみ 写真展 「Because the sunny place is there.」
まだ5月だというのに、早くも夏のような日差しと気温。
これからやってくる梅雨と夏を乗り切れるのかと心配になります。

さて、ギャラリーでは新しい展示が始まりました。

せた まゆみ 写真展
「Because the sunny place is there.」

2019.5.24(金)- 6.5(水) 
※木曜定休 ※最終日は19時まで


エストニア、ラトビア、リトアニアの旅をテーマにした
せた まゆみさんの写真展です。



「Because it's there.」
「そこに山があるから」と訳されることの多い登山家マロリーの言葉を借りて
名付けられたタイトル『Because the sunny place is there.』(そこに陽だまりがあるから)

その言葉どおり、木漏れ日のやわらかい光や、鮮やかに咲く花々、
人々のやさしい表情が切り取られた写真からは、
陽だまりのように素朴なあたたかさを感じることができます。
どの写真もきらきらと美しくて、こんな場所があるのなら
行ってみたいという気持ちにさせられますよ。


会期中はポストカードの販売もございます。


また、閲覧用のブックも設置されていますので
こちらもぜひ合わせてご覧くださいね。

Staff オクイ
金子美香 写真展 「旗士」
ゴールデンウィークが明けて数日が経ちました。
10連休だった方も、そろそろ通常モードに体がなじんできたころでしょうか。

さて、本日からギャラリーでは新しい展示が始まりました!

金子美香 写真展 「旗士」
2019.5.10(金)- 5.22(水) ※木曜定休


横浜のよさこいチームから集められた
精鋭の旗士によるフラッグパフォーマンス集団「横浜旗士道」。
そのメンバーを撮り続けた金子美香さんの写真展です。


鮮やかで迫力のある写真が並びます。




撮り続け、金子さん自身も魅了されているからこそのお写真。
大旗の躍動感や、メンバーの方々の力強さ、会場の熱気などが
ひしひしと伝わってきて、実際にこの目で見たくなります。


会期中はBookの販売もございます。


また、これまでに作られた閲覧用のBookもございますので
こちらも合わせてじっくりご覧くださいね。

Staff オクイ
写真展 「Hello,World」

いよいよ明日から超大型のゴールデンウイーク!
フォトカノンはGW中お休みなし(5/2も営業!)です。
10連休はうらやましいような気もしますが、
しっかり計画を立てておかないと持て余してしまいそう・・。

そして5月からは元号変わって「令和」!
平成最後で令和最初、と元号またぎとなる展示が本日スタートしました。

写真展「Hello,World」
Shakky / MO³(momomo)/ Junji Matsuzaki(@junjine)
2019.4.26(金)- 5.8(水)
 
※通常木曜は定休日ですが 5/2(木)は営業いたします 

3人によるグループ展です。
「Hello,World」と新元号の幕開けにもぴったりなテーマを
それぞれに解釈した作品が並びます。


撮影者ごとブロックに分けて作品が展示されていますが
3名とも個性的でがらりとテイストが違います。
ポジティブな印象の強いテーマですが、そこから連想するのは
晴れやかなイメージだったり、厳粛なイメージだったり。
捉え方や解釈の違いを探りながら、じっくり見比べてしまいます。

GW中はずっとお店を開けてお待ちしておりますので
ぜひご覧になってくださいね。

Staff オクイ

小野寺宏友 個展 「東京 野良桜 2019」

なかなか簡単には暖かくなってくれませんね。
今日も一日曇り空で肌寒い東京です・・が
ギャラリーでは華やかな展示が始まりました!



小野寺宏友 個展 『東京 野良桜 2019』
2019.4.12(金)- 4.24(水) ※木曜定休


街を歩いていると
「なぜこんなところに?」
と思う場所で立派な桜に出会います。

花見の名所ではなく、街中にひっそり咲く桜を私は
「野良桜」
と命名、深夜にポートレートとして撮り続けてきました。
(展示キャプションより抜粋)



フォトグラファー小野寺宏友さんによる "野良桜" 展。
昨年も同じ時期に展示をされていたので
記憶にある方も多いかもしれません。

道を歩けば桜に当たる日本。
こうして見ると街角の野良桜も、名所に劣らず本当に見事です。


それぞれの桜につけられた学名を眺めて解読するのも一興。
店内でのお花見をゆっくり楽しんでくださいね。


会期中は、展示写真のプリント販売(受注後、店内でプリントしてお渡し)も
おこなっております。
また作品集の販売もおこなっておりますので、こちらもぜひご覧ください。

Staff オクイ

スクラップブッキング展 『タカラモノ』

咲いたと思ったらあっというまに満開です。
東京でのお花見は今週末がベストタイミングのようですが
お天気がいまひとつとの報。
なんとかもってほしいところです・・。

さて、こちらも賑やかに。
ギャラリーでは新しい展示が始まりました。

スクラップブッキング展 『タカラモノ』
2019.3.29(金)- 4.10(水) ※木曜定休


スクラップブッキングの講師もされている たかはしいずみさんと、
その生徒さんたちによる作品展です。

ギャラリーがとにかく華やか!
ひとつひとつの作品も、アイデアが詰まっていて手が込んでいて感心してしまいます。
見ごたえ十分、とくにスクラップブッキングをやってみたいなーという方には
とっても参考になる展示です。
最近は撮った写真をプリントしない方も多いかもしれませんが、
イベントごとに写真をプリントして大事に飾るのは素敵ですね。


会期中は、ハンドメイドのカードや、
手軽にスクラップブッキングが楽しめるキットなどの販売もございます。


展示作品と合わせてぜひご覧くださいね。

Staff オクイ

ハラサトコ写真展「楽園の掟」はじまりました

JUGEMテーマ:写真


今週は温かい日が続いて近所の公園では早咲きの桜が咲きはじめました
それにしても今年の花粉はなかなか手ごわいですね
インフルエンザ予防から花粉対策で全くマスクが手放せません(笑)
それでも色鮮やかな季節がすぐそこまで来ているので頑張りたいと思います

そんなカラフルな季節にぴったりの写真展が本日より始まりました


ハラサトコ写真展「楽園の掟」
2019年3月15日(金)〜3月27日(水)
※3月21日(木)は定休日ですが祝日のため営業します
ハラサトコさんのHPは こちら



フォトカノンでははじめての写真展となるハラサトコさん
今回の作品の被写体となっているのは「金魚」です。一昨年新潟で同様のテーマで開催された写真展の作品集のタイトルであった「楽園の掟」を展示のタイトルにしているとのこと。作品をご覧いただく際はこのタイトルの持っている意味を考えながら見ていただけたらより展示を楽しめるのではないでしょうか。そしてもしハラサトコさんご本人とお会いすることがありましたら「楽園の掟」の意味するところを聞いてみてください。きっとまた違った側面から写真展を楽しむことが出来ると思います。




壁面の作品は額装とアクリルパネルで構成され、その他に作品集も展示されています。どちらも会場で販売しておりますのでお気に入りの作品がありましたら是非ご検討くださいませ。(ポストカードの販売もあります)


会場内には「金魚Museum」のラベンダーさんが製作されている金魚をテーマにした雑貨がゲスト作家さんとして展示されていますのでお見逃しなく

個人的には「楽園の掟」というタイトルの作品集のボリュームと構成に圧倒されてしまいました。また金魚をテーマにした作品集ではないのですが「旅路の先の風景を」というエッセイがとても素敵でしたので是非チェックしていただきたいです。それでは皆さまのご来店お待ちしております。

店長 こん
wabi-sabi 「隙間展」

今日から3月!
河津桜が見頃を迎え、春らしい写真を見る機会も増えてきました。
これから桜も本番!写真屋も忙しくなる季節です。

さて、本日よりギャラリーでは新しい展示が始まりました。


wabi-sabi 「隙間展」
2019.3.1(金)- 3.13(水) ※木曜定休


毎回テーマを決めて写真展を開催してくれている
写真好きの4人組、wabi-sabi の皆さん。
今回のテーマは「隙間」!


今回も撮影者の名前は伏せられて、4人の写真がランダムに配置されています。
直接的にも比喩的にもいろいろな捉え方ができる「隙間」というテーマ。
いろんな視点で切り取られた「隙間」写真があって、見ていて楽しいです。


全ての写真には番号がついていて、好きな作品に投票できるようになっています。
ぜひ投票にもご参加くださいね。

Staff オクイ

ニシナカリエ 写真展 “上海狂詩曲 -Shanghai Rhapsody-”

今日も雪がちらつく寒さでしたが、来週は暖かい日も多いそう。
ようやく春に向かっているようですね。

さて、本日よりギャラリーでは新しい展示が始まりました。


ニシナカリエ 写真展
Hong Kong - China Medley #1
“上海狂詩曲  -Shanghai Rhapsody-”

2019.2.15(金)- 2.27(水) ※木曜定休

香港に通い始めてから5年。
その香港が、様々な思いを抱えながら向き合っている中国。
香港を知れば知るほど、この目で直接中国を見たくなった。
そしてやっと、その一都市・上海を訪れることができた。
(展示キャプションより抜粋)





現在香港を拠点に置くニシナカさんが、「香港と中国を考える」をテーマに
一年に渡って展開する個展3部作の第一弾となります。
”Hong Kong - China Medley” と名付けられたこのシリーズのプロローグとして
今回展示されるのは、中国・上海で撮影された写真。

今は中国の特別行政区とされている香港。
日本のすぐ近くにあって、単純に観光地や撮影地としてもすごく魅力的な街ですが、
その歴史は複雑で、現在の位置付けもとても特殊なものです。
「中国を知ることが、真の香港の姿を知ること」とニシナカさんの言葉にもあるように、
その街並みやそこにある生活の成り立ちを想像しようとするとき、
中国との関係は無視できるものではないのでしょうね。


会期中は今回の展示の作品集と、以前の個展の作品集も置かれています。
展示作品以外のカットもたくさん掲載されていますので、ぜひご覧くださいね。

Staff オクイ

yuka 写真展 『衝 動』
冷え込んでいますね。
お天気続きなのはいいのですが、からからに乾燥してしまって・・
油断しているとすぐに体調をくずしてしまいます。
皆さんどうぞお気をつけくださいね。

本日よりギャラリーでは新しい展示が始まりました。


yuka 写真展 『衝 動』
2019.1.18(金)- 1.30(水)
※木曜定休


写真展 & 『衝動』シリーズサイト

https://www.instagram.com/story.portrait_y/
https://twitter.com/storyportrait_y

恋人との穏やかで濃密な日常のなかで
とあることをきっかけに 彼女には秘密があるのでは?
・・・・焦燥感に駆られていく・・・



これまでにもシリーズとして撮影、展示されているという
とある男女の物語をテーマにしたストーリー性のあるポートレート写真。
薄闇にかすかに浮かび上がるようなシルエットや表情、
添えられた言葉のひとつひとつも意味深げで想像力を掻き立てられます。


最近はモデルさんを立てたポートレート写真も多く見ますが、
女性が撮る女性(男女)ということもあるのかもしれません、視点や表現方法がとても新鮮。
ドラマチックでありながらもリアリティを感じます。


会期中はこんなブックの販売もおこなっております。
「ねこまち かごしま」 税込500円


その他、『衝動』の写真集などの販売も受注制にて受け付けております。
サンプルがございますので、こちらも展示と合わせてご覧くださいね。

Staff オクイ
八木香保里 写真展 「寸志・The Untouchable Gift」

はや12月。
今年は暖かい日が多いこともあってか、
どうもまだクリスマスや年末の雰囲気を感じられていないのは
私だけでしょうか・・。

さて、ギャラリーでは新しい展示が始まりました。

八木香保里 写真展
「寸志・The Untouchable Gift」
機2018.12.7(金)- 12(水)
供2018.12.14(金)- 19(水)
※木曜定休
※会期前半と後半で展示替えがあります



なんの変哲もない光景に引き寄せられ、その場を離れられないでいる。
ほんの小さな出来事が誰かへ向けられた優しさだと分かったとき、
はるか遠くから贈りものの気配を感じ、幾人かの顔を思い浮かべる。

尊敬の念を忘れないでいる。毎日が平凡であることを奇跡と呼んでいる。
悲憤の涙を踏みしめている。守れなかった己を顧みない日は一度もない。

命の面影に触れたとき、私は星になった人たちと再会する。
(「寸志・The Untouchable Gift」 キャプション)




フォトカノン10周年のイベントでも非常にお世話になった八木香保里さんによる写真展。

毎年恒例のように、この時期に展示をしてくれています。
シンプルに額装された作品。大胆に切り取られたように見える風景や事物。
具体的に何を示すのかは、他人が見て明解にわかるものではないかもしれません。

「これらの写真で何を伝えたいのか」という問いは
制作する側もそれを観る側も一番に意識するものですが、
こちらの展示におきましては、作家である私はその点を一切気にかけず、
お客様に正解を引き出していただくことも求めません。
(「ごあいさつ」より一部抜)


と、あるように、どれもが思い入れの深いひとコマなのだろうと感じつつも、
縛られることなく、自分の経験に引き寄せて自由に思いを巡らせることができます。
今回の展示は、会期を前半と後半に分けて作品を入れ替えるということですので、
どちらもぜひ足をお運びいただければと思います。


会期中は、ポストカード、カレンダー、ZINEの販売もおこなっております。


作品集も設置されていますので、こちらも展示と合わせてゆっくりご覧くださいね。

Staff オクイ

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.