Photo Kanon
このブログでは戸越銀座の写真屋フォトカノンの展示情報や商品の入荷情報を中心におしらせします


【フォトカノンのフィルムの日】 毎月第1・3日曜日のフィルムの現像料が半額になります!! 詳細はこちら
【郵送プリントでお得な割引】 郵送プリントで送料と代引手数料が無料になる割引を行っています!! 詳細はこちら

【キャンペーン】 フィルム現像中高生割引  郵送サービスにてCD書き込み無料サービス  フィルムカメラおためしできます
【展示情報】 2018年12月7 日(金)〜 12月19日(水) 八木香保里 写真展“寸志・The Untouchable Gift」”開催中です
【入荷情報】 雑貨  作家アイテム  フィルム  カメラ
【ギャラリー情報】 ギャラリー利用規約はこちら / 今後のスケジュールを知りたい方はこちら / 過去の展示の様子を知りたい方はこちら

【写真の仕上り】 フォトカノンでプリントした写真の仕上がりは フォトブログ から見ることが出来ます


お店のホームページへ / オンラインショップへ / フォトブログへ/ twitterへ


TOPページに戻る
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
ARCHIVES
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
八木香保里 写真展 「寸志・The Untouchable Gift」

はや12月。
今年は暖かい日が多いこともあってか、
どうもまだクリスマスや年末の雰囲気を感じられていないのは
私だけでしょうか・・。

さて、ギャラリーでは新しい展示が始まりました。

八木香保里 写真展
「寸志・The Untouchable Gift」
機2018.12.7(金)- 12(水)
供2018.12.14(金)- 19(水)
※木曜定休
※会期前半と後半で展示替えがあります



なんの変哲もない光景に引き寄せられ、その場を離れられないでいる。
ほんの小さな出来事が誰かへ向けられた優しさだと分かったとき、
はるか遠くから贈りものの気配を感じ、幾人かの顔を思い浮かべる。

尊敬の念を忘れないでいる。毎日が平凡であることを奇跡と呼んでいる。
悲憤の涙を踏みしめている。守れなかった己を顧みない日は一度もない。

命の面影に触れたとき、私は星になった人たちと再会する。
(「寸志・The Untouchable Gift」 キャプション)




フォトカノン10周年のイベントでも非常にお世話になった八木香保里さんによる写真展。

毎年恒例のように、この時期に展示をしてくれています。
シンプルに額装された作品。大胆に切り取られたように見える風景や事物。
具体的に何を示すのかは、他人が見て明解にわかるものではないかもしれません。

「これらの写真で何を伝えたいのか」という問いは
制作する側もそれを観る側も一番に意識するものですが、
こちらの展示におきましては、作家である私はその点を一切気にかけず、
お客様に正解を引き出していただくことも求めません。
(「ごあいさつ」より一部抜)


と、あるように、どれもが思い入れの深いひとコマなのだろうと感じつつも、
縛られることなく、自分の経験に引き寄せて自由に思いを巡らせることができます。
今回の展示は、会期を前半と後半に分けて作品を入れ替えるということですので、
どちらもぜひ足をお運びいただければと思います。


会期中は、ポストカード、カレンダー、ZINEの販売もおこなっております。


作品集も設置されていますので、こちらも展示と合わせてゆっくりご覧くださいね。

Staff オクイ

SATOSHI YAMASHITA PHOTO EXHIBITIION 「WE DANCE IN A MOUNTAIN」

うっかり平日のような気がしていましたが、祝日ですね。
今日は池上線全線でのイベントが開催されているようで、
戸越銀座商店街もとても賑わっていてびっくり。
すてきな商店街なので、こういう機会にたくさんの人が来て
知ってもらえるのはうれしいです。

さて、本日よりギャラリーでは新しい展示が始まりました。

SATOSHI YAMASHITA PHOTO EXHIBITIION
「WE DANCE IN A MOUNTAIN」
2018.11.23(金)- 12.5(水)
※木曜定休 ※最終日は19時まで


楽しいのは、大抵の場合、どこに行こうかと思案している時だ。
登山口に着くと、なぜ来てしまったのだろうかと、そんなことを考えながら歩き始める。
やりたくない宿題を渋々やり始めた、そんな感じだと思う。
(中略)
踊るように変わっていく山の光景は、次第に僕を惹きつけていく。
気づけばもう何時間も歩いていて、行程は終わりに近づいている。

車の音が聞こえ出し、アスファルトに固められた道路が見えてくるころには
露光済みのフィルムを片手に、次はどこに行こうかと考えている。
〈キャプションより一部抜粋〉



登山をする人も、登る前には憂鬱な気分になったりすることに少し驚きました。
ならば、わざわざ大変な登山なんてしなくても・・
と登山をしない私みたいなのは思ってしまうのですが、
展示写真を見ると、たしかに登らなくては絶対に見られない景色ばかり。
写真にある以上に、たくさんの素晴らしい景色や経験があるのだと思うと、
山を下りる頃にはまた次の計画を考えてしまうというのも頷けます。


展示作品も、ブックに収められている写真もすべて手焼きプリントとのこと。
ブックも見ごたえがありますので、展示と合わせてぜひご覧くださいね。

Staff オクイ

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.